fbpx

吉川千明のホリスティックビューティーレッスン

◆ Vol.7 ◆

 

オーガニックビューティーの第一人者、吉川千明さん。このコラムでは、エキスパートから見たDr.ハウシュカの魅力と、独自のスキンケアメソッドを様々な植物とともにわかりやすく教えてくれます。

第七回目は、デリケートで乾燥による影響や年齢が現れやすい大切な目元のケアについて。

 

さっと落ち、目周りまでケアしてくれるドイツの優れものアイメイクアップ リムーバー

目力が欲しいから、わたしのアイメイクはしっかり派。リキッドライナーもマスカラもバッリチします。でも、デリケートな目元、盛るのは好きだけど、落とす時はヒヤヒヤもの。目元にシワやたるみは作りたくないのですから。

 

 

そんなわたしのアイメイクは、Dr.ハウシュカのアイメイクアップ リムーバー(2019年3月15日発売)で落とします。

イエローの油相とピンクの水相の美しい二層。ゴマやヒマワリなどのオイルをブレンドしたオイル成分が汚れをゆるめ、ダマスクバラ花水などのウォーター成分がお肌に瑞々しさを与え浮いた汚れをすっきり拭い取ってくれます。

リムーバーなのに、アイケアまでやってくれるとは!まつげを大事にしてる人にもおすすめです。

 

 

毎日のことだから…美容液成分配合で目周りをケアしながらクレンジングの習慣を

使い方はいたってシンプル。お顔のクレンジングの前に使います。まず、容器を振って二層を混ぜ合わせてコットンパッドに染み込ませ、目頭から目尻に向かってやさしくふきとるだけ。しっかりメイクには、コットンパッドを目の上に乗せてクイックパックしてからオフ。ひんやり美容液成分が心地良い。

 

期間限定でオーガニックコットンパッドが付いています。

この時期、花粉やホコリで目がしばしばする人、乾燥で目元が乾いてピリピリする人にもおすすめです。

 

 

千明の植物図鑑

アイメイクアップ リムーバーの原料に使われているエレガントな植物。Dr.ハウシュカならではの洗練されたレシピです。

 

 

 

アイブライトエキス(コンディショニング成分)

eye(目)bright(輝く)という名前からも、さまざまな『目』の症状に対して効果のあるハーブです。属名のEuphrasiaは、ギリシャ神話の喜びの神エウプロシュネや喜び・幸福といった意味の言葉に由来すると言われています。このハーブには目元の保護や、収れん作用があり、目の周りのケアに効くと言われています。 Dr.ハウシュカの多くのアイメイクアイテムにも使われているキー成分の一つです。

 

 

 

 

ウイキョウ種子エキス(フェンネル:皮膚の保護成分)

フェンネルは地中海沿岸の原産で、古来より食用として使用されてきました。食用としては眼精疲労に効果があるとされ、古来より視力回復などに使われてきました。利尿作用やデトックス作用、消化器系の働きを高め、排出効果があるとも言われています。

 

 

 

ダマスクバラ花水(コンディショニング成分)

香りの高さからバラの女王と知られたダマスクバラのフローラルウォーター。肌のうるおいと保湿力に優れ、引き締め効果もあると言われています。

 

 

 

 

ヒマシ油(洗浄剤)

不飽和脂肪酸の『リシノール酸』が90%弱含まれています。保湿効果もあります。ヨーロッパでは、薬の中に入れたり、アユールヴェーダのオイルとして使用されることもあります。

 

 

 

 

ヒマワリ油(エモリエント、コンディショニング成分)

不飽和脂肪酸であるリノール酸やオレイン酸の他、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいてお肌をしっとりと整えます。

 

 

 

※(植物の一般的な性質について記載したもので、化粧品の特徴を示したものではありません。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉川 千明(よしかわ ちあき)
プロフィール
美容家・オーガニックスペシャリスト
オーガニックビューティーの第一人者として多岐にわたり活躍中。
「最上級の美は自然の力、植物の力があたえてくれる」をコンセプトに
数々の化粧品ブランドの育成、女性のためのサロンやスパ、治療院の運営にかかわる。
執筆、講演、メディア出演を通して女性が美しく年を重ねる方法や考え方を伝えている。

著書「これからの美しさの磨き方」「美しくなれる自然療法」

「大人のオーガニック&ナチュラルコスメ」等