小松和子のナチュラルコスメ バイブル

◆ Vol.4◆

Dr.ハウシュカ メイクコフレ 限定リップを使ったクリスマスシーズンメイク

 

今回は、11月9日に発売したドラマティック ホリデーギフトの中から限定リップを使い、Dr.ハウシュカメイクアップラインの定番カラーを組み合わせてクリスマスのシーズンメイクをお披露目したいと思います。

 

このところぐんと寒くなってきましたね。
そろそろコートやマフラーの防寒準備もしっかりと始めているのではないでしょうか?
私も、今年買ったフェイクファーなどの冬小物を、まだかまだかと毎日眺めているところです。

 

そして気候が寒くなると変えてほしいのがメイクです。
なぜなら服装の質感が重くなるため、今までのメイクがなんだかあっさりとした感じになって見えるから。
秋冬メイクは、服の重さにリンクするようにこっくりとした目元や口元の演出が必要なのです。

 

そこで、この冬、Dr.ハウシュカで限定発売のドラマティック ホリデーギフトのリップケアスティック<19>を使い、クリスマスシーズンのあか抜けた大人の魅力を生み出す個性的な表情のメイクをお勧めします。

 

 

まず、今季、肌はベルベットのようなマット肌に。
スキンケアとリキッドファンデでしっかりと潤いをキープしたら、こっくりとした肌を作るためにフェイスパウダーをしっかりめに。
そして、最大の魅力を放つのは目元と口元のメイク!
まずは目元からご紹介しましょう!

 

★アイメイク★

今季、Dr.ハウシュカのクリスマスシーズンメイクに選んだアイカラーは、肌なじみの良いアンバーという色。一見オレンジっぽく見えるレンガ色で日本人の平坦な顔立ちに美しい陰影を作り、くすみのない深い目元を作り出します。そこにアクセントで下まぶたのみにルベライトというカラーを。

まずは、アンバーをまぶたの上下で中央を大きく山形に膨らませて、目を丸く、大きく見せるようにつけていきます。そこに、下まぶた中央だけさらにルベライトを重ねていきます。

ルベライトとは宝石のトルマリンの中で赤く美しく輝く石のこと。
華があり、目元を魅力的に見せるアクセントになります。

 

アイライナーはペンシルで下地をかいた後、目じりだけリキッドライナーで引き締めます。
目が縦にも横にも大きく見えて、温かみと深みのある冬にぴったりの目元に。

合わせる眉の形は直線的な形で赤みのあるブラウンのアイブロウパウダーを使うとこっくりとした仕上がりに成功しやすいです。また、今回使用したアンバーのアイカラーをアイブロウの仕上げに使ってもよいかもしれませんね。

そこに、バーネットという知的な女性をイメージさせるようなレッド系限定リップカラーを!

【使用商品】

アイ:      アイ&ブロウパレット <01> ストーン

                 アイシャドウ <03> アンバー

                 アイシャドウ <05> ルベライト

                 アイディファイナー <01> ブラック

                 リキッドアイライナー <01> ブラック

                 ボリュームマスカラ <03> プラム

チーク:  ブラッシュデュオ <03> サンキスネクタリン

リップ:  リップスティック <19> バーネット

 

 

★リップメイク★

温かみのある印象にしたいから、リップをしっかりつけるのではなく、指でポンポンと全体になじませて自然な発色に。最後に唇の中央部分にだけにさらに重ねて内側を引き締めます。
 
すると唇の中央から色が湧き出るような立体的な温かさが生まれ、顔の表情もじんわりと女性らしさがにじむ素敵なメイクに!

今年はファッションの質感の重さを意識してメイクを楽しんでみませんか?

是非、温かみのあるクリスマスシーズンメイクをお試しください!

 

 

 

小松和子(こまつ かずこ)

オーガニック・ナチュラルコスメプロデューサー/ナチュラルコスメメイクアップアーティスト

Dr.ハウシュカ公認 メイクアップ トレーナー

CM、雑誌、TV、映画など数々の分野でフリーのヘアメイクアップアーティストとして活躍する中、自身の化学物質過敏症をきっかけに肌と化粧品に関する知識を独学で学び、2008年からナチュラルコスメ専門のヘアメイクアップアーティストとして転身。現在はオーガニック・ナチュラルコスメプロデューサーとして化粧品開発のプロデュースや肌とナチュラルコスメに関する講演・講座・企業研修・展示会・イベント・店舗プロデュース・一般向けカウンセリングなど幅広く活躍中。