小松和子のナチュラルコスメ バイブル

◆ Vol.1 ◆

皆さんこんにちは。小松和子です

これからナチュラルコスメに関しての様々なコラムを発信していきます。

あふれかえるコスメの中でどんなものを選ぶべきか、永遠のコスメジプシーから抜け出すヒントが見つかるように、日常の肌とコスメの疑問を書かせていただきたいと思います。

メイクアップとナチュラルコスメ

皆さんはここ数年、自然原料を使った化粧品が増え始めているのはすでにお気づきでしょうか?日本ではこの自然原料を使うコスメのことをオーガニックコスメとも呼びますが、本来欧米ではナチュラルコスメティックスと呼ばれています。

一般化粧品とナチュラルコスメ(オーガニックコスメ)いったい何が違うのか、実は意外と知られていないことが沢山あるのです。その一つとして、ナチュラルコスメの製品の中で、健康な肌を作るための鍵となるものが、メイクアップのベースメイクにあることをご存知でしょうか?

私のアトリエで行っているパーソナルカウンセリングでは、いろんな肌悩みを抱える人がご相談にいらっしゃいますが、圧倒的に多い悩みが、肌の乾燥や赤み、毛穴のつまりなどの悩みを訴える人。実は、間違った化粧品の選び方や使い方によってこうした悩みを訴える人が多いのです。

原因を掘り下げると、石鹸では落としにくい日焼け止めやファンデーションをご使用されているケースが大半です。洗浄力の強いクレンジングを使うことでの乾燥や肌荒れが起きてしまったり、マイルドなクレンジングで皮膜性の強いファンデーションが落ちきれなかったため、毛穴のつまりの一因となる場合が考えられます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にナチュラルコスメのクレンジングは、皮膜性の強いシリコーンが使われたベースメイクは落とすことができないことがあります。だったらシリコーンが落ちるようにシリコーン成分をクレンジングに配合すればよいのではないか?と思うでしょう。でもナチュラルコスメはシリコーンを使う事はありません。

なぜなら、生分解性に問題があるからなのです。オーガニック認証 を持つナチュラルコスメの多くは、人や環境に配慮できないものは使用しないという基準を定めています。例えば、日本でもここ10年ほど騒がれ始めているのがマイクロプラスチック問題です。私たちが使う生活用品の中には生分解できないものがたくさん存在し、それが今、ごみとなり海に漂い、動物プランクトンや魚、鳥などの生態系に深刻な悪影響を及ぼしているとの研究報告があります。 化粧品にも、スクラブや歯磨き粉などに使われるプラスチックビーズがありますね。これらはみな、私たちにも巡り巡って影響し、環境ホルモンの問題につがながるのではないかと懸念されています。

 

肌を育てるナチュラルコスメのメイクアップ

ナチュラルコスメというと、「肌に優しい」「敏感肌の人が使う製品」などというイメージがあるかもしれませんが、簡単にいってしまうと本質は環境コスメ。身体に余計なものを取り込まない、環境を破壊しないという意味では人に優しく、地球に優しい。ただの化粧品とは違い、実はとても深い意味を持った製品なのです。

本来メイクアップ製品は、多くの合成成分を使って、色の発色やもち、使い心地、などの向上を図って作られます。そのため天然の色素だけでは作れない美しい色彩が生まれたり、崩れにくく便利に使えるものが生まれてきます。でも、それを落とすとなると、洗浄力の高いクレンジングを使ったりしなければなりません。 

 

洗いすぎればどうなるか・・・乾燥して、スキンケアの使用アイテムや量が増えますね。肌を育て、健康に維持するには肌に軽い、負担の少ないメイクを選択することも大切ですよね。スキンケアの基本はまず、メイク製品の「質」を考えること。

 

スキンケアって実はとってもシンプル。肌の勉強をすればするほど余計なことをする必要がないとたどり着きます。そしてそれを実感で教えてくれるのが実はナチュラルコスメ(オーガニックコスメ)です。肌ストレスのないベースメイクはつけている感覚が軽く、疲れない、そして、メイクなのに潤いが高いので、日中の乾燥から肌を守ってくれます。まさにスキンケのようなメイクですね。

 Dr.ハウシュカのメイクアップシリーズを見てもわかりますが、メイクなのにたくさんの植物エッセンスが使われています。ハウシュカを製造するWALA社は150種類以上のハーブが育つガーデンを持ち、そのハーブを用いてレメディの製造をしています。

 自然原料を使った医薬品メーカ―が、コスメにも植物エッセンスをたっぷりと配合しているのですから、メイクの下地リームなどは不要なままファンデーションを塗れるのです。メイクなのに、まるで私たちの肌が喜んでいるように感じるのはナチュラルコスメだからこそですね。美しい色の発色、持続性、直しやすさ、肌への負担軽減、そして自然成分の力。そしてまだまだ進化しているナチュラルコスメ。あなたも早速ベースメイクから始めてみませんか?

 

小松和子(こまつ かずこ)

オーガニック・ナチュラルコスメプロデューサー/ナチュラルコスメメイクアップアーティスト

Dr.ハウシュカ公認 メイクアップ トレーナー

CM、雑誌、TV、映画など数々の分野でフリーのヘアメイクアップアーティストとして活躍する中、自身の化学物質過敏症をきっかけに肌と化粧品に関する知識を独学で学び、2008年からナチュラルコスメ専門のヘアメイクアップアーティストとして転身。現在はオーガニック・ナチュラルコスメプロデューサーとして化粧品開発のプロデュースや肌とナチュラルコスメに関する講演・講座・企業研修・展示会・イベント・店舗プロデュース・一般向けカウンセリングなど幅広く活躍中。